時代の変化と共に車も本当に驚く程の進化を遂げてきたのは、誰でも周知の事実だと思います。そう遠くない将来、映画で見るような空を飛ぶような車、電気自動車、自分で運転しなくてもよい車などなど、夢のような車がたくさん現実に登場してくるのかと思うと、今からウキウキしてしまいます。車の形態だけでなく、カーシェアリングなどと言った新しい車の使い方も出来ているし、想像がつかないような車の時代がやってくるのだと思います。

でも、自分が生きてる間に、いや、まだ運転がしっかりと出来るような年齢の間にあればいいと思う車があります。というか新しい車へ乗り換えを検討する時ぐらいに出来てたら、なんて夢物語を描いているのです。それは、50万くらいの安価な車でとってもとっても小さい車です。マテリアルから何もかもが安価で、もっとこぶりな車で、誰でもが簡単に車を所有できて、スピードもそんなに出ないような、原チャと軽自動車の間ぐらいの大きさの車です。もちろん出来るなら電気で走ると尚地球に優しいし言うことありません。

もっと簡単に車が身近なものになるような、そしてもう少し安全そうな、でも自転車よりも早い、というようなイメージのものです。予想するに、車と呼べないものなののかもしれませんけどね。

軽自動車人気